お待ちかね、車売却とリサイクル料について

マイカーを処分するさいのやり方というと買い取りと下取りのどちらかが一般的です。下取りの場合というのは新しい所有車を手に入れる際一緒に今までのクルマを引き取って頂くというものです。大概は販売会社が引受をするので買い取り額のほうはどっちかというと低く見られがちです。

もう一方の買取りの場合には古い車の買取専業店がやっているもので、ユーズドカーとして販売する事を前提として引受額を決定するため、どちらかといえば高プライスの引き受けが期待できるでしょう。何れにしろ自動車を売却することであり、売る前に引き取り額を決定するための審査がおこなわれることとなります。

見積もりをして頂く場合気になるのはリサイクル料になります。自分のくるまの値踏みで提示されるプライスというのはその車本体の額、くるまに付いてくる自賠責保険やリサイクル料などなど入れたプライスの二種類があります。「リサイクル料」は愛車を手に入れた時、または「リサイクル料」が未納だったときには車検を受けた際に支払われるもので、将来、ユースドカーを廃車にして処分するさいに必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルする為の代金として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分するケースでJARSから支払されることになります。

費用は、軽で8千円くらい、国産車の場合で1万円ほど、外国製自動車等で1万5千円ほど、その他で2万円ぐらいを納める必要性があります。だいたいのユースドカー引き取りですと、そういったリサイクルの代金をお車の買取金額とは別として引受けされる事となるわけですが、リサイクル料金を含んで買い取り金額としているケースもあり、引き受けを依頼する時にはチェックしておくということが大事な事となります。