お待ちかね、車売却とリサイクル料に関して

中古車を処分するさいの手立てというと買い取りと下取りの2つが一般的です。下取りの場合はおニューの中古車を入手すると一緒にこれまでの愛車を買受して貰うというものです。大抵は新車取扱店が買い取りを行うため買取プライスとしてはどちらかというと低めに見られることが多いです。

もう一方の買取の方は古い車の買い取り専門ショップがやっており、ユーズドカーとして売る事を予定に買取りの値段を決定するため、わりと高値での買い取りが望めます。何れにしてもマイカーを売却することであり、売却する前に引き取り価格を決定するための値踏みが行われることとなります。

査定をおこなうさいに気になるのはリサイクル料です。ユーズドカー見積もりで提示される値段というのは愛車本体のプライス、お車についてくる自賠責保険やリサイクル料などなど入れた価格の2種類がありますございます。リサイクル料に関しては中古車を購入した場合、またはリサイクル料が未払いのときには車検を受けた際に支払いになりますので、先々クルマを廃車にして解体するケースで必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルするときの代金という名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、処分するケースで自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

代金はだいたい、軽自動車だと8千円ほど、国産車であれば1万円位、外車等で1.5万円程、それ以外で2万円程度を入金する必要性があったりもします。大半のユーズドカー引き取りですと、こうしたリサイクルの代金を車の引取りプライスとは別ということで引き取りされることとなりますが、リサイクルの料金を入れて審査の額としてる場合もあり、引き受けを望んでいる際にはまえもって確認しておくのが大切なこととなります。