お待ちかね、車査定事故歴などのこと

古い自分の車の売り渡しを頼んだ場合には、まず査定を受けることになります。その際の鑑定については買い取り専門店の査定士することになり、自動車マーケットの相場等から金額がはじき出されることとなります。

大体、中古の車ということで売りに出されている額の2~3割くらいが売却価格と言われているようですが、人気のある車であったり、稀少車種であったりする場合には高い見積額が出るなどのケースもあるでしょう。また、年式は新しい方が高い金額となります。ただし、こういった査定額はそのくるまが完全な状態の場合であり、完全じゃない場合にはマイナスに査定されます。なかでも特に修理歴等は買取の値段に結構響きます。

修復歴とは言っても定義が微妙ですが、基本的には車の基礎であるフレームにまでダメになるような事故を起こしてしまった車は事故車となってしまいます。この事故歴のあるくるまはいつか何らかの悪影響が出るかもしれないという危うさが有るため、見積価格に於いては短所となってしまいます。他方、フレームの方にまで影響しておらず、外側を手直ししたぐらいであればならないですが、しかし修復歴はつくことになります。

無論、修理歴としては付くわけですからマイナスの影響が有るのですが、事故車より低く値踏みされることはございません。その他、エンジンなどに問題が出ているケースもマイナスとして査定されますし、いつもの手入れの状態が見積に関わってきます。

そのあたりは私たちには気づかない所ですが、見積もりをおこなう買取ショップではシッカリ状態を確認してきます。

どちらにせよ修理歴はないということが古くなった愛車の鑑定額がが上げられるかどうかの分かれ目となります。