これがローンが残っている車の売却について思うこと

クルマ買取店に審査をしてもらったのはいいけれど、残債を完済できていないという事もあり得ますよね。このような際は、買取りしてほしいくるまの所有者がアナタ自身なのか別な方なのかどうかについてともあれ見ておく必要性があるのです。

ホントのところ、所有権は何を見たら良いのかというと、「自動車検査証」に記載されている氏名の方がクルマのオーナーということになります。

車を買うときに銀行が提供しているローンを組まれた際は、この「自動車検査証」に記載のあるお名前が自分自身のお名前となっていますが、自動車ローンを組まれたのがクレジット会社である場合だとお名前がその会社の名前になっています。信販会社でローンを組む場合にどうしてこういった形で信販会社を所有者として記載しているかと言えば、その答えとしては返済が滞納したりしたら、すぐに愛車を差し押さえして確保することを考えている為です。

こうした理由で所有権がクレジット会社となっている時にはそちらのマイカーを好き勝手に売る事はできません。何が何でも売却したいのであればとりあえず返済をすべて返済するか分割払いの組み換えによって持ち主をご自分に変更してから売却する必要があります。そうとはいえ実際にこんな事が可能なのは現在手持ちのお金がたくさんある時という事に限られます。じゃあ現金が不足しているのであればどうしたら良いのでしょうか。

こういった際は審査をやってもらった中古車買取専業店に話してもらえると、愛車の買取価格から残債分を支払し、所有権をご自身の氏名に直してもらうことが出来るという訳です。手続きに関してもすべて買取り業者に任せることが可能なので心配ないです。