これこそ「中古車の査定」について

ユースドカーの買取では、まず最初にクルマの審査をしてもらいます。車種と年式で、基本とされる標準状態の価格の目安をつかんでおきます。それよりさらに条件が良くなかったら、鑑定額を減らすなどといった順序で処理を行っていくのです。

標準状態の値段のことについては買取のお店の方で基準となる数字を所有しています。これはお店同士のみで見られるもので、そのプライスはその車と年代で残されているものです。とはいえ、この金額はあくまでも標準的なものであり、それだけの意味しかありません。加えて、その金額よりもより高く買い取って貰えたり、または安い価格で買い取られたりする可能性も間違いなく出てくるのです。

店側の立場に立ってみると可能な限りロープライスで買い取りたいわけで、買取店にもよりますが基本となる買い取りの値段を差し出したうえで、更に低い金額の方へ話題を変えようとしてきます。売る側からすればちょっとでもいい条件で売渡したいので、ここでは強引に話を振るのが吉です。はたまた、売却に関しての値段が歩み寄れなかった際は保留とし、話を棚上げ状態としておきます。そののち違う買い取り専門店と調整を行うわけです。

そこでもしプライス的により高値が付いて満足がいったなら、最初のお店との調整は決裂したとしても問題はないでしょう。即ち、売り手が納得がいくようにネゴシエーションをしていけば良いというわけです。何をおいても避けなければならないのは、焦って売値を決定してしまい、あとあと悔やんでしまうことです。値段についてはあくまで強気に話をした方が後悔しないはずです。