これこそ日本自動車査定協会の取組のことを考えてみた

古い車の買い取り・下取時には、間違いなく査定をするものです。この場合の査定とは、お客さんから下取りや買取する際にちゃんとした評価をするための手続きであり、その為には多くの人から了承され、尚且つ了解された進め方でないと良くないのです。ただし、こちら側からしますと、見積がどのように実施されているのか完全には把握していなかったり、フェアな進め方でやられているかはなかなか知ることができなかったりもするものです。とはいえ、審査というものは中古車の額面を決めてしまうめちゃくちゃ大事なプロセスである為、やり方や考えに色々なものがあると世間がパニックとなる要因にもなるわけです。

そういったカオスを起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会という機関は、適正な審査が行われるように務めている団体であって、私たちが信頼して値踏みに提出でき、加えて納得できるシステム作りの務めをしています。

分かりやすい中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を増やす為のテストをおこなっており、査定協会が実施する学科とスキル研修を受けて頂き、そののち「査定士技能検定試験」に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格がもらえます。更に査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、まっとうな知識や義務を以てして私たちの車の鑑定をおこないます。言い換えると適正な査定を出すための資格を保持している人間が評定を実施しますので、我々も不安な思いをせずに下取りや買取に車を出すことが可能となるわけです。