これこそ車査定「事故歴など」について思うこと

古いクルマ売却を依頼した時には、一番最初に見積もりを受ける事となります。見積もりに関しては買い取りの専業店の方がすることになり、ユーズドカーマーケットの価格等から算定されることになります。

通常、古いクルマということで売られている価格の2~3割ほどが買取り価格と言われているようですが、評判のクルマだったり、珍しいくるまだったりするケースでは高い値段がつくといった場合もあるみたいです。それと、年式が新しい方が高い金額となります。ただし、そうした買取り価格はそのくるまが完全な状態のケースであり、万全じゃない場合には低い査定となります。なかでも事故の跡は買取価格に結構関係してきます。

事故車とは言っても定義が微妙ですが、基本的には自動車の基礎となるフレームの部分まで影響しているようなアクシデントをしてしまったクルマはこれに当てはまります。そうした事故歴のあるくるまはその後何か被害が出てくるかもしれないという危なさが有りますので、査定額については短所になるのです。ですが、フレームの部分にまで影響がなく、ボディを修理した程度であれば問題ありませんが、それでも修理歴は付きます。

無論、修復歴としてはついてしまいますので良くない影響が有るのですが、事故車に比べ低く査定されることはないです。あと、エンジンやギアなどにアクシデントが起きている時にもマイナスに見積もりされますし、普段の維持管理の良し悪しが見積に影響されます。

この辺りはシロウトには分からない部分ですが、値踏みをする業者ではきちんとそのあたりもチェックしてきます。

どちらにせよ修理歴が無いという事が自分のクルマの見積価格を上昇させることができるか否かの条件となります。