これは・・・中古車査定と事故歴のことを考えてみた

古い自動車譲渡を依頼した時には、まず最初に見積もりを受ける事となります。その査定は買取ショップの査定士やり、オークションマーケットの値段などから計算されることになります。

普通は中古の車として販売されている値段の20~30%位が査定額とされていますが、定評のあるクルマであったり、珍しい車種等の際には高い査定が付くといった時もあるでしょう。その他、製造年が新しければ新しいほど高く売れます。ただ、そのような買取額はお車がパーフェクトな状態であり、そうではないときだと査定は厳しくなります。中でも特に修復の跡などは買取の値段に結構関係してきます。

修理の跡といっても定義は微妙なところですが、基本的にクルマの骨格であるフレームにまで及ぶような事故を起こしてしまったくるまはこれに当てはまります。そのような修復歴のあるくるまは後からなにかしらの被害が出てくる危険性があるので、見積金額に関してはマイナスとなります。一方、フレームの部分まで影響が無く、外装を直した位だったらならないですが、でも修復歴が付くことになります。

無論、修理歴は付くので良くない影響があるのですが、事故車よりも低く値踏みされることは無いでしょう。あと、エンジンや変速機などに面倒が起きているケースもマイナスとして査定されますし、いつもの手入れの状況がプライスに関わってきます。

その辺りは私たちにはちんぷんかんぷんですが、査定をしている業者の方ではきっちりとその辺を見てくるでしょう。

いずれにしても修復歴としては存在しないことが古くなったクルマの見積が上げられるかどうかの分かれ目となってきます。