これは・・・車買取と下取のこと

中古車を処分するケースでの方法には買取りや下取りといった手順が在ります。下取りに関しては、次のマイカーを手に入れた時には、今迄乗っていた車を引き受けて頂けるものです。その自動車が乗車が問題ないくるまだとしたら値段がつくわけですが、あまりにも古すぎるくるまであった場合には処分費用を要求されるケースもあり得ます。

下取りは専門のお店が引受けする訳じゃないので、望むような価格での買い取りは期待できませんが、次の愛車と交換をする形で乗り換えが可能だといういい点があります。もう一つの買い取りですと、専門で行っているくるま買い取り専門店にお願いして引き受けて頂くといったものです。その時期がややこしいなどの短所もありますが、買取をされた愛車は中古車として流通されるのが元々決まっている訳ですから、わりと高値買取りが望めます。

買取も下取も引き渡す際は色々な書類をあらかじめ準備しておくことが必要です。必要書類の種類には自動車検査証、クルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証というものです。更に印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

売渡のときは委任状や譲渡証明書等も使うかと思いますが、そのあたりは買取専門ショップにて用意してくれるはずです。引受けを希望するこちら側としては、車検証、納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、実印、住民票そして印鑑証明を用意しておきましょう。見積もり時もこれらに関しては確認されるので、紛失している場合には再度発行する事となります。

もしも無くしていても審査そのものはして貰うことは出来るのですが、その場ですぐの手続きは出来ないため査定価格に何か影響が出ることとなるでしょう。