ついでに中古車査定と事故車とのことだけどどうなんでしょう

古くなった自分のくるまの買い取りをお願いしたケースだと、初めに見積もりを受ける事になります。その審査は買い取りの専門店の査定担当者がすることになり、ユースドカー市場の金額等から金額がはじき出されるものとなります。

一般的に古いくるまとして売り出されている値段の20~30%位が買取の値段とされていますが、人気車だったり、希少価値のある車などのケースでは高値が付くなどの時もあります。他にも、製造年は新しい方がやっぱり高額となります。ただし、そのような買取額はそのくるまがパーフェクトな状態の時であって、完全じゃない時には低く見積もられます。中でも事故歴等は見積にとても影響してきます。

修理の跡といっても定義は曖昧ですが、とりあえずクルマの骨格であるフレームの部分まで及ぶような事故をしてしまったお車は事故車となってしまいます。そのような事故歴のある車はあとからなにかマイナスの影響が出るかもしれないという危なさが有るので、見積金額では悪材料とされてしまいます。とはいえ、フレームの方には影響しておらず、ボディを直した程度であれば無問題ですが、それでも事故歴が付きます。

モチロン修理歴が付く訳ですから良くない影響が有りますが、事故車に比べて低い査定となることは無いでしょう。その他、エンジンなどに問題が発生している際もマイナスとして鑑定されますし、普段のメンテナンスの良し悪しがプライスに影響されます。

このあたりは素人には気づかない所ですが、査定を行う業者はちゃんとその部分もチェックしてきます。

どちらの場合でも修理歴は存在しないことが車買取プライスが上昇できるかどうかの条件となってきます。