ついでに買取や下取り、リサイクル料について思うこと

自分のクルマのを処分するさいの手順といえば下取、そして買取の両方が存在します。下取のケースはおニューのクルマを入手する時、前のお車を引受けしてもらうというものです。たいがいは新車の販売店が引受をおこなうため買い取りプライスの方は割と低価格に見られるケースが多いです。

一方、買取りの場合にはユーズドカー買い取り専門店がするもので、中古の車として売ることを予定して引受け金額を決めるため、割と高値の買い取りが期待できます。どちらにしてもお車を売却する事であり、引き取ってもらう前に引受額を決定するための鑑定が行われることとなります。

値踏みをしてもらうケースで気になるのは「リサイクル料」です。自分のくるまの鑑定で示される値段というのはクルマ本体の価格、くるまについてくる自賠責保険やリサイクル料等々含んだ値段の2つの種類が有ります。「リサイクル料」は中古車を買ったさい、若しくはリサイクル料が未払いだったときには車検を受けたさいに支払いになりますので、将来、所有車を廃車として処分する時に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルするときの代金ということで使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体するさいにJARSから支払されることとなります。

コストは大体、軽自動車だと約8千円、国産車だと約1万円、外車等で15000円位、それとは別に2万円位を納める必要性がございます。たいがいのユースドカー引受けですと、これらのリサイクル料を自分のくるまのの引受けプライスとは別ということで買い取られることになるワケですが、リサイクルの代金を含めて引取り値段としてるケースもあり、見積もりを希望する時にはあらかじめチェックしておくことが大事な事となります。