ついにきた、車を売る時のローンの残り

中古車の買取ショップに見積もりを依頼したものの、残債を残したままである事もあり得ます。そういった際には、売り払いたいお車の持ち主が貴方自身なのか別な人であるのかどうか取りあえず確認しておくことが必要です。

本当のところ、所有者について何を見ると分かるかというと、車検証に記載のある氏名がくるまの所有者となるのです。

お車を購入するときに銀行系の分割払いを組まれた場合は、こちらの「自動車検査証」に記載されている名前が自分の氏名になってるはずですが、ローンを設定したのが信販会社であったケースではお名前がクレジット会社の名前となっています。クレジット会社でローンを組む場合にどういう理由でこういった形でクレジット会社を持ち主として登録してるのかと言えば、それは月の払いが滞った時に、ただちにお車を担保として確保することを考えている為です。

このような事情で所有権がローン会社にある場合はそのお車を自分の都合で売ってしまう事は不可能です。何が何でも売り払いたいならまずはローンを残らず返済するか分割払いの組み換えによって所有者をアナタの名前に変更した上で売ることが求められます。さりとて実際そうした事が可能なのは今現在手持ちのキャッシュがたくさんある場合に限られます。じゃあ資産がない時はどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そうした時には値踏みをおこなってくれたくるま買取り業者にご相談頂けますと、クルマの買取金額から残債の支払いの分を返済し、所有権をあなたのお名前に変えていただくことができるという訳です。手続きも全部買い取りのお店にオマカセ可能ですから安心です。