とうとうです、ローンが残っている車の売却について調べてみた

中古車買い取りのお店に審査をして頂いたものの、分割金を払いきっていないケースもあり得ますよね。そういった際には、売りたい愛車の権利が自分自身なのか別の方なのかをまずは確認することが求められます。

本当のところ、所有権はなにを見れば良いのかというと、「車検証」に記載のあるお名前の人が自動車の持ち主ということになります。

くるまを購入したタイミングで銀行などの分割払いを設定された場合だと、こちらの「車検証」に載っている名前が自分自身のお名前になっていますが、自動車ローンを組まれたのが信販系の会社だった時には氏名がそちらの記載となっている訳です。信販会社でローンを組む場合にどうしてこのように信販会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えとしては毎月の支払いが滞納された場合に、即くるまを差し押さえして確保するためです。

そういった事情により所有権が信販会社になっている場合はそちらの自動車を好きなように売却はできないのです。どうあれ売却したいのであれば残債を完全に完済するか割賦契約の組み替えをすることでオーナーをご自分に変更してから手続きする必要性が出てきます。しかし、現実にこういった手続きができるのは現在お手持ちのキャッシュがとても多い場合に限定されます。であるならば、資産が不足している場合はどのようにするのが望ましいでしょう。

こんな時には鑑定をして下さった自動車買取り業者に相談すると、クルマの売却額から残債の支払いの分を支払し、所有者のところを自分の姓名に直して頂くことができるというワケです。手続きの方も全てにおいて買取専業店に任せることが可能なので大丈夫です。