まさかの車買取店の「車査定」のいろいろ

クルマの売買契約時は、まず最初に車の査定をしてもらいます。その車と何年式かによって、ベースとなる通常時のプライスの理解をしておきます。ここから更にコンディションが悪いのであれば、見積額を減らしていくというような順番でやられていくわけです。

標準時の価格に関しては買取店の方で基本となるデータを保管しています。コチラについてはお店同士のみで出回っているもので、その価格は車種といつのものかということから書かれているのです。しかしながら、この数字はあくまで標準的なものであり、それ以上でも以下でもないものです。それに加え、その金額よりも高値で買い取られたり、あるいは安値で買い受けされたりする可能性も当然ながら存在します。

店側の立場に立ってみると可能な限り安い金額で引き取りたいですから、買取店にもよりますが基準となる買い取り額を見せたうえで、それよりも低い金額の方へ行こうとしてきます。売る側からすればちょっとでも高い値段で売却したいわけですから、ここではイッキに攻めていくのが吉です。それか、売却に関しての金額が解決できなかったケースであればいったん保留し、そこで話をストップしておきます。そのあと別の専門ショップと駆け引きを進めていくわけです。

ここでもし金額がもっと高額となり満足できるものだったら、先の店舗との交渉は破談となっても特に問題ないです。すなわち、売り手が不満がないように話し合いを進めていけばよいということです。絶対に裂けたい事態は、あせってプライスを結論付けてしまい、あとあと悔いるということです。売却額はなんといっても強気で出ていった方が心残りはないでしょう。