今回は車買取査定方法のことを考えてみた

自分のクルマの売却を依頼した際には、一番初めに見積もりを受ける事となります。その場合の値踏みについては買い取りの専業店の担当者が行うわけですが、ユーズドカーマーケットの価格などから算出されることになります。

大体、ユーズドカーとして売りに出されている額の20~30%ほどが買取プライスとされていますが、人気のあるくるまであったり、珍しいくるま等の時には高い買取額がつくといったケースもあるようです。他にも、年式が新しい方がやっぱり高くなります。ただし、こういった買取額はそのお車が万全な状態のときであって、完全ではない時は値踏みは厳しくなります。中でも特に事故の跡などは査定額にかなり影響してきます。

事故の跡というのも定義があいまいですが、とりあえず車の基礎であるフレームの部分にまで及ぶような事故を起こした車は事故車として扱われます。そういった修復歴のあるくるまは後から何かしらのマイナスの影響が出る危なさがありますので、見積もりに関しては駄目なものとなるのです。一方で、フレームの方にまで影響しておらず、外見を修復した位であれば大丈夫なのですが、ですが事故歴は付いてしまいます。

勿論、修復歴が付くわけですからマイナスの害はありますが、事故車に比べ低く値踏みされることはありません。また、エンジンなどにアクシデントが起こっている場合にもマイナスという事で見られますし、いつもの維持管理の状態がプライスに影響されます。

このへんは傍目には気づかない所ですが、審査をしている買取ショップの方ではシッカリそのへんも見てきます。

どちらにせよ修復歴がないということがユースドカー買取の値段が上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。