今日は中古車見積もり時の必要書類について調べてみた

車を売り払う際におけるやり方としては下取りと買取りの種類がございます。下取りは次の自分の車を入手した場合には、これ迄の自家用車を買い取っていただけるものです。こちらは運転が出来る自動車であるならプライスが付くのですが、とんでもなく古いくるまであったケースでは逆に廃車費用を要求されるケースがあります。

下取の場合は専門店が買い取るという事ではないので、高い金額での買い取りは期待できませんが、おニューの自動車と交換のような形で乗り換えを可能な良い面があります。その一方買い取りは、それを専業としている自動車買い取りの専門店に頼んで買取をしてもらうものです。その手続きが難しいといったデメリットがあるわけですが、買い取られたマイカーは中古自動車として市場に出回ることがもともと決定されていますので、結構高い金額での引取りが期待できるはずです。

買取りにしても下取りにしても引き渡す際はいろいろと書類をあらかじめ準備することが必要となるでしょう。どういうものかというと、自動車検査証や自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。他にも印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

譲渡の際は委任状や譲渡証明書も必要となりますが、それらに関しては買取り業者にて用意してくれるでしょう。譲渡を望む方としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明書が用意すべきものになります。値踏みしてもらう時もこれらが見られるため、紛失しているときにはもう一度発行する事となります。

もしも無くした際でも鑑定それ自体は受けることがOKですが、その場で譲渡は行えないので見積もり価格に何か影響が出るでしょう。