使っていた自動車を売り払う場合の進め方にかかわることを、当ページで詳しく確認しておきましょう

古い自動車を売却する場合の方法には買取、そして下取が有ります。下取りの場合は次の自分の車のをゲットすると同時にこれ迄の中古車を引受けしていただくというものです。主に新車取扱店が買取をするため買取額としては割と低価格になることが多いです。

一方で買取のほうは車買取専門ショップがやっているもので、使用していた自動車という名目で店頭に陳列することを前提に引き受けの額を決定するので、結構高プライスの引き取りが期待できます。どちらにしてもおクルマを買い取ってもらうことであり、売却をする前に買受金額を決めるための見積りがおこなわれることとなります。

審査をしていただく時に気に掛かるのがリサイクル料です。ユーズドカー評価で提示されるプライスというのはお車本体のお値段、くるまに附随する自賠責保険やリサイクル料というものを加えた額の2つの種類がございます。リサイクル料に関してはその中古の自動車を買ったさい、もしくはリサイクル料が未納のケースでは車検を通した場合に支払いとなるもので、のちにユーズドカーを廃車にして解体する場合に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする為の代金となって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する場合にJARSから支払われるということになります。

その時の費用はおおよそ、軽自動車で約8千円、国産車であれば10000円くらい、外国の車等であれば約1万5千円、そのほかで20000円程を入金する必要性が御座います。大半のu-car買い上げの場合、こういったリサイクルの代金をクルマの買受プライスとは別ということで買取られるというようなこととなるのですが、リサイクルの代金を含んで買い取り額となっている場合も有り、引き取りをお願いするケースではあらかじめチェックしておくことが大事です。