使用していた車を処分する際の手順の関連で、このページでできる限りチェックしておきましょう

中古車を売り払うときの段取りというと下取と買取が存在しますよね。下取のケースは新しい自分の車のを購入する際一緒にこれまで乗っていた使用した自動車を引受けしていただくというものです。だいたい販売店が引受を行うので買取金額の方はどっちかというと低価格に見られることが多いです。

逆に買取の場合にはおクルマ買取専業店が行っており、古い車という名目で店頭に並べることを予定して買い受けプライスを決定するため、意外に高値での買受けが望めるでしょう。何れにしても使用済みの自動車を売却する事であり、売却する前に買受価格を決定するための評定がおこなわれることとなります。

値踏みをしていただくとして気になるのはリサイクル料です。使用していた車の値踏みで示される金額としては車それ自体の値段、ユーズドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料というものをいれたプライスの二つの種類があります。リサイクル料については使用ずみの自動車を入手した時、または「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を受けた場合に支払われるもので、この先中古の車を廃車にして処分する時必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするときの費用として使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまうケースでJARSから払われるということになります。

その際の料金はだいたい、軽で8千円程、国産車だと10000円程、外車等だと15000円ほど、それ以外で20000円ほどを納める必要がございます。大抵の古い自動車買上げですと、そうした「リサイクル料」を使っていた車の買受額とは別ということで引き受けされるという事となるのですが、リサイクル料金を含めて買い取り価格であるというケースもあり、引受を頼む際にまえもってチェックしておくということが要されます。