使用済みの自動車を売却するときの進め方のことを、こちらのページでじっくり見ておきましょう

ユーズドカーを売り払うさいの手段には買取、そして下取の両方が存在しますよね。下取りの場合は次のお車を購入する代わりにこれ迄乗っていた使っていた自動車を引き受けて頂くというものです。たいがいは新車の販売会社が買い取りをしますので買取金額はどちらかといえば低めに見られがちです。

逆に買取りのケースは不要車買取り専門の業者がおこなっているもので、ユーズドカーという名目で売る事を前提として買上のプライスを決定するので、結構高額な引き上げが期待できるでしょう。どっちにしても使用していた自動車を引き受けてもらうことであり、引き受けてもらう前に引き取り金額を決めるための審査が行われることとなります。

診断をおこなうとして気に掛かるのがリサイクル料になります。使用済みの自動車の見たてで出される値段というのはそのくるま本体の額、自分の車のに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料というものを合計した金額の二つの種類が存在します。「リサイクル料」はその使用済みの自動車を購入した際、またはリサイクル料が未払いの場合ですと車検を受けた時に支払いになりますので、この先使用済みの車を廃車にして解体処分するさいに必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするときの代金として使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する場合自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

その時の代金はだいたい、軽で8000円程、国産自動車で10000円位、輸入車等で1.5万円位、それ以外で2万円位を入金する必要がございます。たいていの使っていた車買上げだと、そうしたリサイクルの代金をユースドカーの引き受け値段とは他として買取られるというような事になるわけですが、リサイクル代金を含めて引き取り金額となってるケースもあり、買取りを依頼する場合あらかじめチェックしておくのが大切な事となります。