使用済みの車を売り払う時の手続きについて、このへんで可能な限り見ておきましょう

使用していた車を売却するさいの手順といえば下取と買取が有りますね。下取の場合はおニューの車を購入する代わりに今迄お乗りの使用していた自動車を買取してもらうというものです。ほとんどは販売店が引受けを行うので買い取り金額はどちらかといえば低く見られることが多いです。

もう一方の買取りの方は愛車買取専門ショップがするもので、u-carとして販売する事を予定して買受金額を決めるので、わりと高目の買受けが期待できます。いずれにしろu-carを引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に買い受け価格を決めるための査定がされるわけです。

格づけを行うとして気に掛かるのが「リサイクル料」です。使用済みの車の審査額で出される値段というのはユーズドカーそれ自体のお値段、所有車についてくるリサイクル料や自賠責保険などなどプラスしたお値段の2種類があります存在します。リサイクル料に関してはユーズドカーを入手した際、もしくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を受けたさいに支払いとなるもので、この先中古車を廃車として解体処分するケースで必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする為のコストということで使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまうさいに自動車リサイクルシステムから支払されるということになります。

費用は、軽で8千円程、国産車の場合で1万円程、輸入車とかで1.5万円くらい、それとは別に20000円ほどを納める必要性が御座います。大抵のu-car買い受けであれば、そうしたリサイクル料を使っていた自動車の買受け価格とは別ということで買い取りされることになる訳ですが、リサイクルの料金を入れて引受け値段としてるケースもあり、買取りを依頼する場合には事前に確認しておくということが必要です。