例の「中古車売却と残債」について

中古車買取ショップに鑑定をしてもらったのはいいけれど、ローンを完済していない場合もあり得ますよね。そんな際は、買い取って欲しい愛車の所有権がご本人であるのか別の方なのかどうかについて何はともあれ確認しておくことが必要です。

ホントのところ、持ち主についてはどの辺を確認したら良いのかというと、「自動車検査証」に記載されているお名前の方が愛車の権利者ということになります。

クルマを購入した時点で銀行等が提供するローン支払いを設定された時には、この「車検証」に載っている名前がご自分のお名前となっている訳ですが、自動車ローンを組まれたのが信販会社であった場合だと名前がローン会社の記載となっているのです。信販会社でローンを組む場合にどうしてこのような形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、それは支払いが滞納されたときに、ただちにお車を担保として確保することを考えているからです。

そうした理由から所有名義がローン会社にあるケースではそちらのクルマを自分の都合で売り払う事は出来ません。とにかく売りたいなら支払いをすべて支払するかローンの組み替えをすることで持ち主をあなたの名前に変えてから手放すことが求められます。とはいえ現実問題そうした事が出来るのは今現在持っている資産がたくさんある時に限られてしまいます。じゃあ資産があまりないケースではどういったやり方が良いのでしょうか。

こうした場合は、買取査定をおこなってもらった自動車買取専業店に相談すると、くるまの売却の金額から残債の支払いの分を返済し、所有者をご自身の名前に変えていただくことができます。手続きの方も完全に買い取り専門店に任せることが可能なので心配ないです。