例の車買取、そしてリサイクル料のこと

愛車を処分するさいのやり方には下取りと買取りが有ります。下取の場合というのは次の中古車を買う時に今迄のくるまを引受けしていただくというものです。主としては新車販売会社が買い取りをすることになるため買取金額の方はどっちかというと低めに見られがちです。

他方、買取のほうは自動車買い取り専門ショップがやっており、中古の車という名目で販売する事を前提として買取りの金額を決めるので、どちらかといえば高額の引受けが望めます。いずれにしろ中古車を売却することであり、引き受けてもらう前に引受け金額を決定するための鑑定がおこなわれます。

鑑定を行うとして気になるのはリサイクル料です。クルマ値踏みで出される金額というのはその自家用車そのもののプライス、ユースドカーに附随するリサイクル料や自賠責保険などなど含めた額の二つの種類が有ります。リサイクル料はくるまをゲットした場合、もしくは「リサイクル料」が未納だった時には車検のさいに支払いになりますので、将来的にマイカーを廃車にして解体処分する場合必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルするさいの料金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分する時JARSから支払されるということとなります。

コストはだいたい、軽自動車で8000円ほど、国産車であれば1万円くらい、外車等だと1.5万円程、それ以外で2万円位を入れる必要性が御座います。たいていの自動車買取だと、これらの「リサイクル料」を自動車の引取りプライスとは別ということで買取られる事になるわけですが、リサイクル料金を入れて見積もり金額だというケースもあり、買取を希望するさいには先ずは確認しておくのが大切なこととなります。